ブログトップ

津軽ジェンヌのcafe日記

津軽藩ねぷた村(弘前市)

これから観光シーズンの津軽。
観光施設もいろいろ紹介できたらいいな、と思っていました(`゚∀ノ゚´*)

弘前公園から見ると、道路を挟んで北東にある観光施設「津軽藩ねぷた村」。
b0147224_21401627.jpg


入村料は、大人550円。
これまで、わたしのブログでは「清水森ナンバソフト」・「けの汁カレー」を紹介しています。
b0147224_21415045.jpg


地元の観光施設、うま~く回って満喫しましょう。
これから観光客が増えるシーズン。「お・も・て・な・し」のために、予習です。
b0147224_21454220.jpg


GOGO
まずは、「ねぷたの館」。どど~んと弘前ねぷたがお出迎え。
スタッフさんが、ねぷたねぶた立佞武多などの説明をしてくれます。
b0147224_214622100.jpg


随時ねぷた囃子を演奏してくれます。
夏の祭りの時のねぷた囃子はもちろんいいけど、この時期に聴く囃子だっていいっきゃの(人´3`*)♪
(結局、いつ聴いてもいいw)
太鼓の力強さと笛の郷愁がたまらんのです。
b0147224_21471159.jpg


見学記念に、太鼓をたたく体験もできます。
わたしも以前、叩かせてもらいました。なかなか上手かったかと・・・。
ヤーヤドー

ねぷたの仕組みが下からのぞけるようになっているものも。
これは祭りの時は見られませんからね。
b0147224_21482310.jpg


Q&Aも興味深い。
b0147224_21485594.jpg

女性スタッフさんが綱を持って、お1人でねぷたをクルッと横に回したのでびっくり。華奢な方だったの。
「祭りでは男性が数人がかりでねぷたを回すのに、今お一人で?」と聞いたら、
ねぷたの骨組みが木製か鉄骨かによって重さが違うんだって。
何でも答えてくれそうな、ねぷた先生がいらっしゃいます(o゚∀`o)☆

金魚ねぷたが、ズラーリ。
b0147224_2150069.jpg


干支ねぷたもあるから、ついつい自分の干支を探しちゃうよね。
自称25歳のわたしの干支は…え、エト。
b0147224_21502875.jpg


金魚ねぷたは、「津軽錦」という江戸時代に津軽藩の武士に愛された金魚がモデル。
庶民は、高価で買えなかった「津軽錦」を真似、骨組みや和紙で金魚ねぷたを作って水に浮かべて楽しんだのだとか。
b0147224_21505635.jpg


弘前ねぷたが飾ってあるこの「ねぷたの館」内は、ぐるっと360度の角度から見られるようにスロープがあります。
平成16年開館の、五所川原市の「立佞武多の館」も(高さは違うけど)こういう造りですね。
ここを参考にしたのかな?って思ったり。
b0147224_21562836.jpg


観光客の方たちは、思い思いの場所で記念撮影。
フラッシュ使えばいい、使わない方がいい・・・。
プチ夫婦喧嘩がみんなに聞こえていましたよ(笑) ( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!
b0147224_21565594.jpg


弘前ねぷたの絵師さんたちの紹介も、見逃さないで。
b0147224_21574410.jpg


わたしはやっぱはまりおべだふりなので。
横を歩く観光客に、「この絵師さんとこっちの絵師さん、絵似でるでしょ。師弟関係なんですよ。
だから師匠の名前から1字もらって名前が…」って勝手に話しかけちゃうw
b0147224_21584526.jpg


古典ねぷた
昔はこういう角燈籠などを手持ちし、行列をつくっていたんですね。歴史感じるわ~。
b0147224_21592283.jpg


お米の形?違う?豆?
五穀豊穣をお祈りしているのかな。
b0147224_215938100.jpg


津軽凧絵
津軽の凧絵は、骨組みが竹ではなくヒバを使っているのが特徴。
また、絵自体も、ねぷた絵とは違うんだよ(・∀・)b
b0147224_220115.jpg


ヤーヤ堂」は、ねぷた資料の展示などが行われています。
b0147224_2235540.jpg


三国志や水滸伝を題材にすることが多い「弘前ねぷた」。
昔は、こういった資料を手本にして描いたんですね。
今も、弘前ねぷたの絵はこの手本の絵の通り。ずーっと受け継がれているんだね。
b0147224_2245267.jpg


ねぷた(neputa)」や「ねぶた(nebuta)」は、青森県内各地で行われています。
あまり知られていないけど、小さな町や村でもやっていますよー(*´pq`*)
b0147224_2254983.jpg


「ねぷた」「ねぶた」の呼び名の違い。
b0147224_226547.jpg


運行する山車(だし)の主流は「扇型」なのか「人形型」なのか、わかりやすいイラストでの紹介。
b0147224_2262282.jpg

農民行事の「眠り流し」に由来するという「ねぷた・ねぶたまつり」。
津軽藩の城があった、今の弘前から各地に広まったと言われます。
弘前付近は「ねぷた」、離れるにつれて「ねぶた」が多い印象かな? (つω`*)

工房 たくみ
b0147224_227152.jpg


津軽の伝統工芸が一堂に集まっており、お土産購入もできます
津軽塗、こぎん刺し、こけし、津軽焼き、津軽凧・・・などなど。
b0147224_227414.jpg


タイミングによっては職人さんが実際に作業している様子を見られるし、質問もできます。
わたしは以前、津軽塗の手鏡を体験でつくりました。専用の作業場で丁寧に教えてもらえます。
b0147224_22861.jpg


山弦堂
入村料で、津軽三味線の演奏を聴くこともできます。
入口でチケットを買ったときに、スタッフさんが次の演奏時間を親切に教えてくれました。
他のお客さんもこの演奏に合わせて、調整しながら館内の見学をしていましたよ。
b0147224_2291695.jpg


ベベン、ベン、ベン、ベン・・・
b0147224_2294644.jpg

全国大会や世界大会のチャンピオンの方が演奏くれる贅沢時間。
目をつむって、うっとり聴き惚れている方も。
沁みるわぁぁぁ…。゚:;。+(b´ω`d)+。::゚。

このあと、以前ブログで紹介したお庭「揚亀庵」を見て、「独楽処ずぐり庵」へ。
b0147224_22134391.jpg

ここで小学生以来のずぐりを回しました。 ※津軽でつくられる木製の独楽。
ずぐりは、初めて回す人はきっと難しいでしょう。ちょっとコツがあるんです。
スタッフさんが「どうぞ回してみてください」って手渡してくれました(きっとできないと思ってたかもね)。

数十年のブランクがありつつも、ちゃっかり上手く回せたわたしヾ(o´∀`o)ノ
さすが「全日本ずぐり回し選手権大会」が行われる街の生まれ。“黒石のだな(笑)
とっつぱれ。

津軽藩ねぷた村HP→こちら
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by natu at 2016-04-09 09:11 x
津軽藩ねぷた村、見どころ満載ですね♪
地元のせいか、一回しか入館したことがなく、またゆっくり見学したくなりました。金魚ねぷたもかわいい☆ 「らんちゅう」という出目金を思い出します。さくらまつりもいよいよ16日から、心が弾みます(*^_^*)
Commented by 青森太郎 at 2016-04-09 09:21 x
こんにちは。
こちらの紹介されている様子を見たら、
久しぶりに行きたくなりました(笑)。
細かい所まで良〜く見てますね。
Commented by ひなそらママ at 2016-04-09 09:58 x
ねぷたの館は行ったことがないです。青森のねぶたの里だったかな?は一度あります。
「金魚ねぷた」はネットで購入して夏になると飾ってますよ。
こぎん刺も昔、体験したことがあります。
ゆっくり時間をかけて色々と回ってみたくなりましたが、実現するのはまだまだ先!かな?


Commented by おじじ@青森。 at 2016-04-09 11:34 x
おらも「やっぱはまり」の「おべだふり」なのですみません。
ジェンヌさんの干支は、いつも「うまうま」なので「午年」か?それとも「めぇ~」ので「未年」か?
「金魚ねぶた」の由来がよくわかりませんでしたので、参考になりました。
付け加えると、赤い色には「厄病」を追い払う力があるといわれており、赤い金魚ねぶたを作ったのかもと思っています。
ちなみに、米のような豆のような「トウロウ」はたぶん、「まめ」→勤勉(津軽弁で)の意味か?農作業などを邪魔する睡魔を払い(仕事「はがいぐ」ように)
Commented by yumi_dearth at 2016-04-09 18:26
青森のねぶたも弘前のねぷたもいいものですね。弘前のはやはり描かれる絵がすばらしいし、後ろの見返り美人もとても風情がありますね。あ〜、この時期に帰れたらいいなぁと思うのですが、すごい混みようだそうで、ホテルももうとれないんだそうですね。有名になったもんです。
Commented by まるみ at 2016-04-10 11:13 x
干支ねぷたかわいいですよねぇ~
私の干支は何種類か出た年で、12年前のとその年の種類全部買いました。時間はかかるのですが、お願いすれば色も指定できました。休職中で…お守りにと買ったんですよね。

東京はまださくらちょこっと残ってます。

28日には帰れるし…楽しみで仕方ない。公園の近所で本当によかったぁ~
Commented by tsugirl at 2016-04-10 22:44
natuさん、地元の観光施設は見たことない方の方が多いかも。
わたしはずっと弘前の高校・大学と通っていたのに、藤田庭園には行ったことがなくて、行ってびっくりした思い出が。
さくらまつり、楽しみですね。あんまり桜は早く咲かないでもらいたいですがヽ(=´Д`=)ノ
Commented by tsugirl at 2016-04-10 22:46
青森太郎さん、出し惜しみであんまり紹介し過ぎないほうがいいのでしょうが。
わたしはいっぱい伝えたくて、ついつい…(汗)
ねぷた囃子や三味線を聴くと、なんだが心じゃわめぐ津軽人(●´З`●)ゝ
Commented by tsugirl at 2016-04-10 22:49
ひなそらママさん、青森ねぶたの施設は今、ワラッセという駅前の施設になりましたね。
弘前のねぷたっこ見るなら、ねぷた村は充実していると思います。
こぎん刺し、きちんと習ってみたいな。小学校?の家庭科の授業でやったっ切り(●´ω`●)ゞ
Commented by tsugirl at 2016-04-10 22:52
おじじ@青森。さん、ブログをやっている人は「やっぱはまり」で「おべだふり」かも知れませんね。
誰にも頼まれてないのに、教えたくてしょうがない(笑)
「うまうま」で午年は考えたことありますが、「めぇ~」で未年ってか!!(≡゚∀゚≡)
Commented by tsugirl at 2016-04-10 22:56
yumi_dearthさん、弘前や黒石のねぷたで育って来たので、「おらほ」のねぷたがやっぱり一番!!
正面の鏡絵はもちろん、後ろの見送り絵が楽しめれば、「ねぷたツウ」ですぞ+゚。*(*´∀`*)*。゚+
8/1~7と祭りの時期が決まっているので、桜と違ってねぷたは旅行の予定を立てやすいみたいですよ。
Commented by tsugirl at 2016-04-10 22:59
まるみさん、干支ねぷたを12種類!!色の指定ができるのは初耳でした!(ノ)’∀`(ヾ)
干支1回りすると、同じ干支ねぷたでも次はデザインが違うものに変わっていたりします。
また買わなくちゃ?(笑) 4/28、どうか桜を楽しめますように。公園の近所、ウラヤマシイ★
by tsugirl | 2016-04-08 22:45 | 観光施設 | Comments(12)