ブログトップ

津軽ジェンヌのcafe日記

落花生せんべい:まみや煎餅(大鰐町)

大鰐駅前から徒歩3分。「まみや煎餅」。
運が良ければ、ガラス張りの店内で、お煎餅を焼いているところも見られるかも。

金魚ねぷたの柄の包装が可愛い(●´艸`) 
大好きなこのお煎餅を購入。

まめ(落花生)煎餅 10枚入り900円
b0147224_23311537.jpg

ピーナッツの多さが衝撃的!! エェエェエェエェエ(゚∀゚ノ)ノエェエェエェエェエ
大鰐の方から初めて頂いた時にびっくりしました。

b0147224_23325536.jpg

いい意味で、「鼻血が出そうなくらい、たくさんピーナッツが入っているお煎餅」です。
ほかに、ごま煎餅などもあります。

人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by shin-yamakami16 at 2008-12-08 23:25
美味しそうなピーナッツ煎餅ですね。ところで、大鰐町の由来は何でしょうね?鰐(わに)の出所が気になるのです。確か,太宰治も、この町のことを書いていましたね。乳母の出身地だったかな?
Commented by tsugirl at 2008-12-09 10:01
大鰐町の名前の由来は、町の観光パンフレットより抜粋すると、「大きな山椒魚(=鰐)が住んでいた伝説があった」とのこと。遡ると、室町時代に建てられたお寺の名前などにも由来するようです。

乳母のタケの出身は、小泊(現:中泊町)かも(←定かではありません)。太宰とタケの銅像がある施設があったので(^_^)/
推測ですけどね。
Commented by おじじ@青森。 at 2014-01-06 09:55 x
大鰐の由来→http://www.town.owani.lg.jp/gaiyou2.html 多分「おおあに」から「おおわに」と変遷か?
太宰治は大鰐温泉で「芸者遊び?」とか遊興三昧であったらしい。

乳母タケは小泊の出身です。小説「津軽」の最後に「再会」のシーンがあります。

ちなみに「間宮の豆せんべい」のピーナッツは現在薄皮がないと記憶しています。
Commented by おじじ@青森。 at 2014-01-06 16:07 x
前述のコメントに誤りがありました。
>「間宮の豆せんべい」のピーナッツは現在薄皮がないと記憶しています
これは「バターピーナッツ」で、「落花生」にはちゃんと薄皮がついていました。
大変、失礼をいたしました。m(_ _)m
Commented by tsugirl at 2014-01-06 23:20
おじじ@青森。さん、5年前の記事にようこそ(笑)
「間宮の豆せんべい」、バターピーナッツと落花生とそれぞれ種類があるんですね。
ひさびさに鼻血出るくらい、せんべい食べたーーーい( ´∀`)ヵヵヵ
by tsugirl | 2008-12-07 23:36 | 洋&和菓子&パン | Comments(5)