ブログトップ

津軽ジェンヌのcafe日記

カテゴリ:洋館とフランス料理の街弘前( 17 )

洋館カフェで、coffee time(っ´∀`c)♪
b0147224_22523528.jpg


弘前大学の正門の並びに佇む、「旧制弘前高等学校外国人教師館」。
大正14年、弘前市富田に外国人教師の住まいとして建てられ、平成16年4月に現在の場所に移築復元。
観光施設として公開されていました。
b0147224_2253915.jpg


国登録有形文化財のこの洋館に、6月19日「弘大カフェ」がオープン。
コーヒー教室も開いている、成田専蔵珈琲店が運営しています
b0147224_22534517.jpg


みなさんが気になる駐車場について。弘前大学正門を入ったらすぐ左に車を寄せて停車。
入口の警備に「弘大カフェに来ました」と伝えると、受付用紙を準備してくれます。
記入すると半券をもらえるので、それをカフェの会計時に見せ、スタンプを押してもらえばOK (≧ω≦)b

警備の建物の後ろが来客用駐車場。
そこに、「弘大カフェ」への案内看板が用意されていました。
b0147224_2255147.jpg


カフェは土足のまま入れます。
入って左の小部屋で、まず注文&会計を済ませてから、お好きな席にどうぞ。
2Fもあるよ。2Fの様子が見えないので、上がる前に店員さんに「2Fの席、空いてますか?」と聞くといいでしょう。

コーヒードーナツとドリップコーヒー(日替:ブラジル) 594円
b0147224_22553263.jpg

menu表のコーヒーは、エスプレッソが中心。
わたしはドリップコーヒーの方が好きなので、いつものようにドリップ。
日替わりで「ブラジル」でした(●´∀`●)

b0147224_22564255.jpg

ドーナツは、外はさっくり、中はしっとり
甘すぎないので、ペロッとイケちゃう

b0147224_22571686.jpg

成田専蔵珈琲店で豆を買う時は、いつもスクールマイルドを買っていたから、ブラジルは初めて飲んだかも。
酸味・苦味の強い主張はなく、飲みやすい.。.:*・゜(・∀・)+.。.:*・゜
香りが好き、うまうま。

弘前大学は太宰治の母校だから、出掛けたついでに立ち寄っていただきたいのは、卒業生名簿碑
ぜひ「太宰治(津島修治)」の名前を見つけてみて。写真右奥にある碑です。
b0147224_22592953.jpg


ほらっ ↓  ヾ(*・∀・`)o
b0147224_2301474.jpg


※下の2枚の写真は、2015年7月撮影。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

[PR]
by tsugirl | 2016-08-01 21:09 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(8)

1週間前から「行こう」と決めていたお店が、まさかの貸切w
ではでは。ずっと行きたかった、親方町の「カフェ山崎」へ変更。

フランス料理の街ひろさき
人気フランス料理店「レストラン山崎」の姉妹店です

本日のランチ 980円
b0147224_20115418.jpg

たっぷりのサラダ。
美味しいバゲットは2切れずつ((*´ε` *))

長谷川豚合挽き肉のロールキャベツ
b0147224_20121671.jpg

添えてあるのは、成田陽一さんの自然栽培じゃがいも。
ホクッホク。

b0147224_20125793.jpg

ロールキャベツのお肉がほろほろ。
やわらかーーーい
あまりの感激に、ナイフとフォークを置いて、食べかけをパチリ(笑) ( ̄∀ ̄*)
うまうま。

b0147224_20135211.jpg

食後にコーヒーと、苺のパウンドケーキ。

b0147224_20142929.jpg

隣の「レストラン山崎」のコースランチも、たまにご褒美に食べたいけど、
普段使いならお手頃な値段の「カフェ山崎」かな。
接客も丁寧で、ホントに満足できた。もっと早くランチに行けば良かったな(*´ω`*)ゞ

「本日のランチ」は時々メインが替わるそうです。
いつもロールキャベツでもいいけど(←気に入った)、他のメニューも超気になる!!

山崎シェフのブログ、楽しく拝見しています。次回の、弘前バル街の情報も・・・。
レストラン山崎HP→こちら
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

[PR]
by tsugirl | 2015-04-08 20:27 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(4)

弘前市かくみ小路にある、「ワインと西洋料理の店 ブラッスリームッシュ」。
ショップカードには、ランタリの国旗が記してあります。
何年かぶりにランチに行きました(p゚∀゚q)

ビーフストロガノフのランチ(パン・サラダ・ドリンク・デザート付) 1,000円
b0147224_2113287.jpg

スナップエンドウとキャベツが添えられていました。
b0147224_21221052.jpg

ビーフストロガノフって、わたしは薄切りの牛肉で作るイメージだったけど。
すね肉かな。噛み応えがあって、肉食ってるぞーっていう感じ。
肉、キター キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
前日に「肉をナイフとフォークでカチャカチャ切って食べたい」という話をしていたところ(笑)
それはステーキのイメージだったけど、このビーフストロガノフでちょっとだけ叶えられた感あり

ご飯がすすむ、スパイシーさ。
うまうま。
あ~、車じゃなかったらワイン飲みたい069.gif

デザートに自家製ベイクドチーズケーキ
底のクッキー生地はアーモンドの風味。おいしい。
b0147224_21232451.jpg

ドリンクはブラッドオレンジジュースにしました。果肉が入っていてウマー。
これで1,000円?いいんだろうか、と申し訳なく思っちゃう。

b0147224_2124019.jpgランチは日替わり?で、2種類。
この日、Aランチは「ハタのムニエル」で、
Bランチが「ビーフストロガノフ」。
ずっと前に食べた、ハンバーグが美味しかったんだよ(´゚∀゚`)♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



[PR]
by tsugirl | 2014-03-11 21:46 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(20)

来月12月から本格保存修復工事が始まる、国重要文化財「旧弘前偕行社」。
2017年まで約4年の工事となるというので一旦見納めの見学へ (*´∀`*)ゞ
b0147224_2242214.jpg


国の重要文化財に指定されているのは3つ。
1つは洋館。2つめは、入口の門柱及び煉瓦塀。
b0147224_225566.jpg


戦後は、弘前厚生学院という学校の施設になっています。

藩政時代には「九十九森」と呼ばれる鷹狩場だった場所。
明治40年(1907)11月に陸軍第八師団の社交場として偕行社が建築されました。100歳オーバーです!!
当時全国各地に偕行社は建てられたそうですが、現在残っているのは5棟のみ。
そのうちの1つが弘前にもあるのです ゚+.(・∀・).+゚.。キチョー
b0147224_2273468.jpg


正面玄関ポーチには、第師団の「(ハチ)」を文字って「(ハチ)」の鉄製飾り。
b0147224_2282149.jpg


見学予約の電話をしてから出かけたので、館長さんから館内の案内もしてもらえました。
こちらは映画「八甲田山」で撮影に使用された部屋ですよ。
b0147224_22112583.jpg

壁側に並んでいる木製イスは当時のものだそうで、「偕行社」と焼印が捺してありました。

各部屋には、それぞれレトロなシャンデリア。
シャンデリアの上、天井の飾りもまた素敵
b0147224_22165448.jpg


デスクの横に、温湯こけし3点セットがございます(2つしか見えないけどwww)。
b0147224_22172462.jpg

地球儀も古いもので、「大日本帝国」と書かれてあります。
b0147224_22173988.jpg


こちらの「旧弘前偕行社」の施工は、棟梁・堀江佐吉。佐吉の最後の作品になりました。
棟札にも名が刻まれています。この棟札が3つめの国重要文化財。
b0147224_2218165.jpg


明治41(1908)年、皇太子嘉仁親王(大正天皇)が偕行社に宿泊された歴史があります。
その時、偕行社の庭園を「遑止園(こうしえん)」と命名。
b0147224_22184123.jpg

記念植樹もされましたが、庭を撮ってくるのを忘れてしまったという失敗…ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
b0147224_2235592.jpg


弘陸偕」の名前入り灰皿も当時のもの。
この場所は陸羯南(くがかつなん)ゆかりの地だそうで、写真が紹介されていましたよ。
b0147224_2219572.jpg


長――――――――――い廊下。
b0147224_22194366.jpg

廊下横の広いホールで授業しているのは、未来の保育士さんたちでしょうか、介護福祉士さんでしょうか。
b0147224_22204110.jpg

楽しそうにダンス?のお勉強していたのが印象的でしたヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノ
素敵な文化財、いつまでもいつまでも守られていきますように。

旧弘前偕行社」の見学は、11月末までの平日9:00~16:00。見学無料。
学校の施設のため授業で使用することがあるので、出掛ける前に確認のお電話を。

旧弘前偕行社(弘前厚生学院記念館) TEL0172-33-0588
旧弘前偕行社詳細→こちら
Sadistic YUKIさんの「旧弘前偕行社」ブログ記事→こちら

※11月27日追記
***ハンドメイド作家によるフリーマーケット「LIFE×LOVE」***
   日時 2013年11月29日(金) 10:00~15:30
   会場 旧弘前偕行社 
   詳細→こちら

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2013-11-26 23:11 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(8)

青森県立弘前高校敷地内の、「鏡ヶ丘記念館(旧青森県尋常中学校本館)」。県重宝。
平成25年10月1日(火)~4日(金)まで、特別公開されています。10:00~16:00。

鏡ヶ丘記念館
b0147224_174236.jpg

弘前高校創立130年記念事業として、リニューアルされました。
以前にもお邪魔したことがありますが、展示室の案内が増えスッキリ整理された印象。
b0147224_17231151.jpg


懐かしい教室風景 ヾ(o´∀`o)ノ
b0147224_1773788.jpg


階段は一部修理が施されていますが、往時からそのままの部分も。
b0147224_1783263.jpg

上の写真で、階段がへこんでいるのが確認できると思いますが、決してわたしが歩いて凹んだのではありません。
b0147224_17224021.jpg


パネルを利用して、弘前高校や弘前市の歴史を振り返ります。
b0147224_17104585.jpg

卒業生の絵画も。
b0147224_17253370.jpg


弘前高校といえば、学祭時のねぷた運行ですね。
集合写真が用意してありますよ。卒業生の方たちにとっては懐かしいのでは((*´∀`))ネプター
b0147224_1712340.jpg


弘前高校の偉大なる卒業生たち。
b0147224_17243881.jpg

石坂洋次郎、三浦雄一郎、長部日出雄、鎌田慧、長内美那子、三浦雅士、川口淳一郎など(敬称略)。
b0147224_17222331.jpg


4日間の貴重な見学日にお休みでラッキーでした。

展示室4の展示物と受け取った資料において、“津軽承祐公のミイラ”の火葬についての記述が気になりました。
平成17年に火葬されたという記述があったのですが、わたしの勉強では平成7年(1995年)の間違いではないかなーと思います。


特別公開日以外の見学(4月~11月の平日)は、高校へ事前予約が必要です。
せっかくなので、この機会にお出かけしてみては?
鏡ヶ丘記念館特別公開について→こちら

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2013-10-01 17:49 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(8)

弘前の洋館めぐり女子、増加中って知ってた?
b0147224_21585926.jpg

青森県の今年の甲子園代表は、弘前学院聖愛高校。
17年ぶりに弘前勢が甲子園出場です。
弘前学院は、聖愛中学校→聖愛高校→弘前学院大学と中・高・大と揃っている学校法人。

大学の敷地内には「弘前学院外人宣教師館」があります。
b0147224_222511.jpg

国の重要文化財に指定されています。
b0147224_2233515.jpg

資料館として公開されていますが、学校の敷地内なので学校が休みの時はこちらも休みなので注意。
b0147224_22174790.jpg

見学する際は、入口に事務所の連絡先が書かれているので連絡して鍵を開けてもらいます。

玄関を入ると、素敵な応接間。イスにふんぞり返って座りたい、シャチョサーン(社長さん)風に
b0147224_22193316.jpg

b0147224_22195395.jpg


現在は稔町にありますが、以前は中瓦ヶ町の聖愛高校があった敷地内(中三立体駐車場辺り)にあったそう。
学校移築の際に解体される予定だったところ、多くの要望があり現在地に移築保存されたとか。

暖炉と青い目の人形
b0147224_22202449.jpg

b0147224_22203518.jpg


書斎にはたくさんの興味深い本が。この「菓子屋ラグノオ」、読んでみたい。
b0147224_22205684.jpg


びがびがど磨かれた階段を上って2階へ。
b0147224_2221261.jpg


弘前の洋館に多い特徴。和洋折衷。
クローゼットではなく押入れ、発見!!
b0147224_2222128.jpg


ドアノブは瀬戸物?でしょうか。
b0147224_22222867.jpg


テラスがあり、このテラスからは岩木山が望めます。
b0147224_2223989.jpg


あら、雲が。この日は岩木山見えず… (;´Д`●)ゞ
中三Pにあった時と同じように、岩木山が見える方角にテラスがあるように移築したと聞いたことがあります。 
b0147224_22233710.jpg


もう1つの階段から1階に降りて、探検終了。
b0147224_22241975.jpg


2階の上げ下げ式の窓からの綺麗な青空が印象的でした
b0147224_22245575.jpg


聖愛高校の野球部。
甲子園での活躍、津軽ジェンヌも応援していまーす。

頑張って!まっ、わたしに言われなくても頑張るでしょうけどねぇ `;:゛;`;・(゜ε゜ )ブフッ!!ww
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2013-08-07 22:49 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(16)

b0147224_20403482.jpg
昭和初期の古民家を利用した、
和洋ビストロ「salon de MIMIZUKU 木菟」。
「太宰治まなびの家」のお隣。
イス席の他にお座敷タイプもあります (*´∀`)ノ

こちらのお店は、Sadistic YUKIさんが紹介していらっしゃいまーす。

ちなみに、「ようこそ、フランス料理の街へ」の著者、
丸谷馨さんオーナーのお店。


さて、出産を来月に控えた仲間を迎えた、「出産頑張れ女子会」の始まり始まり 068.gifヽ(*´Д`)ノ カンパーイ

まずは。
トマトと生ハムのサラダ
b0147224_20474614.jpg

生ハム、うまっ
わたしがスーパーで買ってくるヤツとは大違い(←アタリマエ)。
生ハムの下にトマトちゃんが隠れてます。

かぼちゃのキッシュ
b0147224_20491430.jpg

キッシュ、超うまい。周りのパイがサクサクッ
テイクアウトで売って欲しいくらい。

そろそろ津軽ジェンヌは、炭水化物気分★★★

小エビとカマンベールチーズのピザ
b0147224_2050041.jpg

チーズがとろ~っと、すごいことにっ。
少し薄味で、タバスコ調節。

ホタテときのこのボロネーゼパスタ
b0147224_20503672.jpg

絶品です。
これ一皿独りで…、わたし食べられる勢いかも(笑) ヾ(*´∀`*)ノ

「まだ食べられるけど3,000円のコースだし、次はデザートでおしまいかな」と思っていた女子たちの前に、
もう一品やってきました。嬉しい012.gif

鶏肉のクリーム煮とグリル野菜
b0147224_2052198.jpg

やわらか~い鶏肉、お箸で切れる~ ∑q|゚Д゚|pワオォ
ホックリのカボチャとじゃがいも、あまいブロッコリーとズッキーニ。
焼いただけ?味つけしてる?すごく美味しいんだけど!!

そして、はデザート。
さつまいものロールケーキ
b0147224_20531679.jpg

いもいもしてます。  
これ、珈琲と一緒にいただきたい063.gif

あ~、満足うまうま (人´∀`).☆.。.:*・

たくさん美味しい料理食べて、たくさん笑いましたね。
この勢いで、元気な赤ちゃん産んでほしいものでーす щ( ̄∀ ̄)ш オギャー

※2013年5月現在、閉店との情報あり。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
[PR]
by tsugirl | 2011-10-24 21:13 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(20)

b0147224_2217231.jpgほったらかしだった「洋館とフランス料理の街ひろさき」のカテゴリー。
ひさびさの、更新です。

弘前市早稲田の「ビストロスリール」。
店の前は何度も通ってましたが、初めてお邪魔しました。
まま屋。」のすぐりさんと、すぐりさんからご紹介のハラペコさんと食事会でした。
どうもどうも、ハラペコさん初めまして023.gif


「フランス料理」というと高価なんじゃないの?というジャンル。
なかなか行けない、と思っていました。
ところが、店内はカジュアル使用。カフェみたいな雰囲気063.gif
ジーンズでだってOKでしょ ヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒー

店内には壁に貼られた、シェフの農作業姿のチラシ。 「ビストロスリール」HP→コチラ
自家製の野菜やハーブを育てていらっしゃるとのこと。安全・安心♪ ♪ ♪

選んだのは、Aランチコース 1,500円
メインのお肉を、ちょっと奮発して+500円で、イベリコ豚にしてもらいましたぁ~(豚´Д`)ブーブー

「自家製スモークチキンのキッシュ」 と 「シェフの育てたコリンキーのポタージュ」
b0147224_2264599.jpgb0147224_2272761.jpg











熱々のスープがあったまるー。
コリンキーって、何だろ?ポリンキーは、スナック菓子だべ?
みなさん、検索サイトで調べてね。
すぐりさん、ハラペコさん。店の入り口にあった黄色いヤツでしたよ(笑) (ノ∇≦*)

b0147224_22115012.jpg
「パン」「ライス」が選べました。
わたしはパンを選びました。

オープンキッチンにはシェフお1人の姿しか見えない。
しかしながら、いいタイミングでお料理が運ばれて来ますщ(´∀`щ)スバラシイ
ホールの女性も、いいタイミングで空いたお皿を下げてくれて。
笑顔がまたイイ。
気持ち良く食事が進みました。
食べるのが早いわたしにも、きちんと対応してくれました(笑)


メインの「イベリコのステーキ」
b0147224_22323124.jpg

うまうま
い・べ・り・こ★★★
あぁ、また思い出した。
再び、食べたい…012.gif

「シェフの育てた毛豆のバヴァロワ マンゴーアイス添え」と、「珈琲」。 ※紅茶もあり。
b0147224_22351065.jpg
キッチンの上のボードに書かれていた「毛豆のババロア」。
気になって見ていたのですが、コースのデザートになっていて嬉しかったです。
毛豆のザラッと感も少しある、濃厚な味。

行って良かったな045.gif
好きな店、また1つ増えたΨ( ●`▽´● )Ψ キャハ♪

※【追記】ビストロスリールさん、2011年9月25日をもって閉店。

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tsugirl | 2010-10-01 23:07 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(28)

「ひろさき検定 中級」の勉強でもしようかな。
と、思って図書館に向かったつもりだったのに、同じ敷地内にある「旧弘前市立図書館」へ入館。

棟梁・堀江佐吉施工の昔の図書館です。
b0147224_1538043.jpg

午後なので、ちょっと影が写り込んでますw

8角形の形は、光をあらゆる角度から取り入れるための工夫だそうです。
ぜひ、どなたかに偉そうに説明してあげてください(笑)

右は、「婦人閲覧室」。明治時代に建てられた図書館です。
男性と女性は同じ部屋で本を読んではいけないということですね。歴史を感じます (゜ロ゜)ギョェ
b0147224_15383293.jpg

b0147224_1538588.jpg


階段。弘前にある佐吉施工の洋館は、エメラルドグリーンが多いですね。
そのエメラルドグリーンで、館内は明るい印象です。
そういえば、「青森銀行記念館」「旧東奥義塾外人教師館」もそうかも。
b0147224_15394367.jpg

b0147224_1540251.jpg


市内の遺跡「大森勝山遺跡」の資料がある展示室も。
b0147224_1541361.jpg

b0147224_15412513.jpg


奥には、文学碑マップもありました。イラストで可愛い☆
b0147224_15415762.jpg

b0147224_1542135.jpg


このマップを見ると、まだチェックしていない碑もあるなあ。
わからないことばかり。自分の無知に気づいて、焦ります( ̄Д ̄ll)

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2009-02-27 22:00 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(4)

弘前市元寺町の「日本キリスト教団弘前教会」。
b0147224_2313637.jpg

明治8(1875)年に東北で初めて創設されたプロテスタントの教会。
つまりは、東北で一番古い歴史の教会。

おフランス・パリの「ノートルダム大聖堂」をモデルに造られたという教会。
ちなみに、わたしの唯一の海外旅行はフランス (*´∀`*)v 
ノートルダム寺院も見たよ、外観だけだけど(笑)

プロテスタントの教会らしく質素。
しかしながら、青森県産の総ヒバ造りなんですって。
b0147224_15531280.jpg


これまでのブログでも紹介した弘前市の教会2軒。
弘前昇天教会」と「カトリック弘前教会」にはの様式を見つけましたが、
この日本キリスト教団弘前教会にも(ふすま)が見えますね。
確認できました???
b0147224_1553304.jpg

b0147224_15561588.jpg


1階と2階に襖。
2階は畳敷きになっているんですって。

あれ? 2階の後ろ側に、何やら額縁発見。
b0147224_15545464.jpg

b0147224_15551476.jpg


な、な、なんと。
これは、本多庸一(ほんだ よういつ)さんです。
明治3(1870)年、津軽藩の命で横浜に英学の修行に出掛けた際、キリスト教に出会い入信。
弘前に戻って、この教会の牧師となった人物。
東奥義塾の塾長も務めました。

と、これは「津軽ひろさき検定」公式テキストや各種資料から抜粋。
あぁ~、あと1か月で「津軽ひろさき検定 中級試験」でした。
やばい、ヤバイ。勉強してない 044.gif
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2009-02-06 23:27 | 洋館とフランス料理の街弘前 | Comments(0)