ブログトップ

津軽ジェンヌのcafe日記

カテゴリ:観光施設( 81 )

みんなが大好き、白いわんこ (ノω`*)
b0147224_17454648.jpg


弘前市出身のアーティスト奈良美智さんのオブジェとして知られる、「AtoZ Memorial Dog(AtoZメモリアルドッグ)」。
吉野町緑地公園にあり、愛情込めてみんな“わんこ”と呼んでいます。

2006年に奥の吉井酒造煉瓦倉庫を会場に開催された、奈良さんの美術展の記念に寄贈されました。
最近、この公園が「恋人の聖地」に選定されています。
b0147224_17474726.jpg


ちなみに、吉野町緑地公園にいるのは「AtoZメモリアルドッグ」で、
青森県立美術館にいるのは「あおもり犬」ですよ。

街のど真ん中にある、贅沢な空間です
先日読んだ地元新聞では、奥の煉瓦倉庫が数年後には美術館になる計画があるようですね。
b0147224_17492936.jpg


2007年に設置されてから、ずっと弘前の街を眺めて来たのですね。
7月15日は、ラベンダーのイイ匂いっこ嗅いでだみたいよ。
b0147224_17501053.jpg


いつも吊り上がった目をしてイライラしているわたしは、わんこの穏やかな顔に癒されます(爆)
b0147224_17502518.jpg


そんなわんこは、近づいて撫でたりできたのですが、訪れた7月15日は足元にこの囲いw
というのも、修理のために撤去されると聞いたので急いで出掛けたのです。
b0147224_17504347.jpg


外にあるため風雨による劣化もあったそうですが、わんこの足に上がったり背中によじ登ったりした見学者がいたとか。
前足は、この傷w 。・゚・(*ノД`*)・゚・。
b0147224_17511257.jpg


修理のため「AtoZメモリアルドッグ」は、7月16日に一旦撤去されました。
早ければ今にでも再び会える予定だとか。

元気なわんこの姿が見られるのを楽しみにしているんだわん ((ω'∀'ω))
参考:弘前経済新聞→こちら
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2015-07-21 17:58 | 観光施設 | Comments(14)

約100年ぶりの天守石垣工事が行われる弘前城天守
曳屋準備が進んでいる、弘前公園へ。
7月6日現在の天守のお姿!!
b0147224_216917.jpg


明治30(1897)年、石垣修理工事のために大工棟梁・堀江佐吉が1度曳屋をしたことのある弘前城天守。
来月8月16日から2度目の曳屋が行われます。

世紀の天守曳屋!!
しかも2回目となれば、ギネスブックものじゃないんですか???
弘前城を愛するわたしの贔屓目でしょうかね(ノ)’∀`(ヾ)

現在、下乗橋から本丸に入るには階段利用になるため、車いすやベビーカーは東口券売所をご利用ください。
b0147224_21104256.jpg


今年のさくらまつりの時期には特別に天守下の濠まで入れましたね。
現在は入ることはできません( ノω-、)
b0147224_21113045.jpg


天守の中には入ることが出来ませんが、本丸・北の郭(くるわ)が有料区域であることは変わりません。
下乗橋を渡って、いざ有料区域へ。
b0147224_21114729.jpg


弘前城天守の横顔。斜め45度でキリリ
b0147224_21121234.jpg


このままカーブを右に曲がると弘前城天守ですが、ここは通行止めになっています。
突き当りの階段を上がり、展望ステージを通って、本丸側へ下ります。一応左側通行。
b0147224_21125141.jpg


仮設通路・展望ステージからみた天守。
この角度には切妻破風がないから櫓チック?
b0147224_21131628.jpg


仮設通路・展望ステージから本丸側。
曳屋後の場所はあちら。仮土台が造られています(先日完成したそうです)。
b0147224_21133813.jpg


8月~10月に曳屋をしてこの場に移り、来年度はこの場所で天守内を公開予定
工事が終わって元の場所に戻すまでの約6年は、人生に1度あるかないかの曳屋先での天守見学が実現します。
b0147224_2120237.jpg


デッキから本丸側に下りてみました。
b0147224_21204416.jpg


工事用のトラックが入っていたり、工事に従事されている方も多いですが、気を付けて天守そばまで行ってみました。
b0147224_2121796.jpg


8月16日にはいよいよ「地切式」。
この天守がジャッキで約30センチ持ち上げられます(o゚Д゚ノ)ノぉぉ!!
b0147224_21212741.jpg


天守と曳屋先の仮土台を横から見ると、こちら↓
サクラなどの園内の植物を傷つけないように角度を一度変えながら、移動します。
b0147224_21233969.jpg


手前は仮土台。向こうに見える天守がこちらに向かって曳屋されるんですね。
b0147224_21243911.jpg


岩木山も今回の曳屋に驚いているでしょうね。
「まんだ曳屋するんだが!」って(`゚∀ノ゚´*)
b0147224_2125048.jpg


北の郭の「館神跡(たてがみあと)」から天守の方角。
b0147224_21251655.jpg


滞りなく天守曳屋、石垣修理が行われますように。
工事が全て終わるという約10年後にはさすがにブログはやっていないかも知れないけど(笑)、
大好きな弘前公園の様子をこれからも見守って行きたいです(人´ω`*).☆.。.:*・゜

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2015-07-11 21:46 | 観光施設 | Comments(4)

明日2月3日は節分ですねー。
豆まきしたら、今年も歳の分25個の豆を食べようと思います (´゚;:.3.;:゚`)ウソ!!

津軽地域には、鳥居にがいる神社が多いって知っていました?
弘前市で濃厚煮干しラーメンで人気の「たかはし中華そば」の隣の神社にもいるんですよ。

撫牛子八幡宮
撫牛子=ないじょうし、と読みます。
b0147224_17202989.jpg


鬼コ、見つけだ?
b0147224_1722723.jpg


撫牛子八幡宮の鬼コは、です。神社によって顔の表情も体の色も違います。
b0147224_1722523.jpg


ふんどし?パンツ?プリケツ!! (ノ∀\*)キャ
b0147224_1725158.jpg


津軽地方では、鬼を神様と崇める鬼信仰があり、鳥居にこのように鬼が鎮座している神社が約40ヶ所。
地域によっては、2月3日の節分のときには「福は内、鬼も内」と唱える風習もあるんだって。
b0147224_17272462.jpg

わたしの鬼コの話は、さんじゃらっとねw
鬼コのことをもっと知りたかったらyuki姉さんのブログ「くぐる鳥居は鬼ばかり」でどうぞ→こちら

**********

そんな鬼コに興味が沸いたら、この冬おすすめしたいのは、地元をめぐる日帰りツアー(人´∀`*)オニ♪
鬼コのいる神社めぐり以外のツアーもあり。

津軽の奇祭の詳細は、「(公社)弘前観光コンベンション協会HP」から→こちら
ツアー以外、個人で出掛けるための行事の情報も紹介されていますよ ↑

わたしの(ちょっと古いけど)過去の参考ブログ記事もどうぞ。ツアーじゃなく個人ででかけたものです。
数年前の写真って…(((;゚;Д;゚;)))ヘタクソ
鬼神社しめ縄奉納裸参り→こちら
乳穂ヶ滝氷柱(夜のライトアップ写真)→こちら
沢田ろうそくまつり(現在はもうちょっと賑やか)→こちら

毎日毎日、雪片付けのことばっかり考えちゃう、暗ーい気持ちのですが。
冬の津軽でしか楽しめない行事・イベント・景色で、お互い有意義に過ごしましょうね
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2015-02-02 18:34 | 観光施設 | Comments(9)

Oh my god! She is cute! 
b0147224_2147518.jpg


MIYUKIさんゆゆさんのブログ記事を見て、もう我慢できなーーーいヽ(*`Д´*)ノ
MIYUKIさんったら、また行ってるし(笑)

三沢市にある、「伝統こけし 木の香(きのか)」。
三沢駅から徒歩約15分。100円ショップのSeria(セリア)の裏手にあります。
b0147224_2152125.jpg


黒石の津軽こけし館も大好きですが、他のこけしのお店も見てみたくて行っちゃいました。

にこにこ笑顔のご夫婦が迎えてくれましたよ。先客は、三沢在住の外国人姉妹さん。
「オーマイガッ」「シーイズキュート」って言って盛り上がっていました。 
b0147224_2153229.jpg


2間つづきの部屋にこけしがズラーり。
スペースは広くはありませんが、各地のこけしがギュギュッと集まって展示されている印象。
外国人のお客さまもいるので、値札には工人さんの名前がローマ字でも書かれています。さすが。
b0147224_2153361.jpg


中には、お手頃値段の中古のこけしもあったり。
こっち見てあっち行って、また戻って来てw
部屋の中を行ったり来たりです。なんとなんと、結局1時間近くいました。
b0147224_2154489.jpg


あ~、めんこい めんこい。
MIYUKIさんが1週間に2回訪れてしまったというのも頷けます。
b0147224_21543932.jpg

こうやって写真を見返すと、「このこけしも欲しかったのにw」と今さらになって思う子もいる(´・ω・`)

さてさて。
我らが黒石の「津軽こけし館」も負けてはいません(笑)
次回のイベントは・・・。

うれし!たのし!!こけし!!!ポケットこけしパークへようこそ!
日時:平成26年7月19日(土)~8月24日(日)
時間:9:00~17:00
場所:津軽こけし館
イベントについてのブログ → こちら

ツキカフェcafe dramaの出店日も要チェック!!
さらに、今年も「アタシ!こけし♪女子アタシのこけしルームへようこそ2014号室」コーナーがありますよ。

みなさん、お楽しみに カモ───щ(゚ε゚щ)───ン
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2014-06-25 22:26 | 観光施設 | Comments(12)

黒石市の東公園に、国内一位と二位の幹周りのポプラの木があります。へば、行ってみましょう!!

ででで~ん。
大きなポプラの木、2本(^∀^)ワカル?
b0147224_2131243.jpg


ポプラと高台部を結ぶ階段に、こちらの立て看板があります。
b0147224_20461973.jpg

上の写真だと、向かって左が1位で幹周り6.56m、右が2位で幹回り6.47m。樹齢150年。
樹高25mは、五所川原の立佞武多くらいの高さですかねー。

人が写ってたら、ポプラの大きさが伝わるのにと思っていたら…ナイスなタイミングで自転車のおばちゃん
b0147224_20542932.jpg


稲穂が色づく田園の先に、岩木山と巨大ポプラの景色。
何気ない景色だけど、日本一がこんな近くにあったんだねぇ。知らないことだらけ。
b0147224_2164283.jpg


散歩中にポプラの下の道に、見ぃ~つけたemoticon-0122-itwasntme.gif
b0147224_217671.jpg

黒石には、こういうこけし模様マンホールがたくさん (●´∀`●)♪
街の散策時に探してみてね。 ※実は道路にもたくさんあるから運転中も…気になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2013-09-04 21:54 | 観光施設 | Comments(14)

独狐の森公園(弘前市)

これまで弘前市内で映画やドラマのロケに利用された場所をまとめた、弘前ロケーションマップが完成しました。
早速、この弘前ロケーションマップに掲載されているコチラにお出掛け( ゚∀゚ )b

弘前市にある、「独狐の森(とっこのもり)公園」。
来月6月8日(土)から公開される、オール青森ロケの映画「奇跡のリンゴ」のロケに使われた場所の1つです。
b0147224_2112065.jpg


間違って手前の保育所の駐車場に車を停めてしまったわたし(後で気づきました…。お許しを)。
その横の階段から登っちゃいました。左手に岩木山がチラッ |д゚)チラッ☆
b0147224_2115666.jpg


登っていくと展望台!!何を見るための展望台かというともちろん…
b0147224_2123053.jpg


(三角)の岩木山。すそ野まできれいに見えます。白い花は、りんごの花。
b0147224_2135492.jpg


敷地の一部はスロープですが、展望台までは必ず階段を通らなくてはなりません。
b0147224_2195749.jpg


ここには、松笠森遺跡という遺跡もあるんですね。遺跡については、Sadistic YUKIさんが調べてくれてるかしら?
b0147224_21101666.jpg


こちらが奥にある駐車場側の入口です。みなさん、こっちに駐車しましょう。
b0147224_2112238.jpg


なんだかわからないけど、すっごく早く飛ぶ鳥がいました。
野鳥についても知りたくなるわたし…。

公園から見えるりんご畑は一般の農家さんの畑。こちらは道路からの撮影です。
b0147224_21133478.jpg


駐車場のとこにトイレもありましたよ。
b0147224_21111090.jpg

イイ眺めだったなぁ~。大好きな岩木山を眺めるお気に入りスポットに追加

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

※撮影日 2013年5月24日

[PR]
by tsugirl | 2013-05-25 21:52 | 観光施設 | Comments(20)

木村産業研究所
巨匠・前川國男の設計。昭和7年に建築された、現存する日本最古のモダニズム建築。
b0147224_2222120.jpg


1933年に日本を訪れたドイツ人建築家ブルーノ・タウトが、旅行記にこの木村産業研究所を『白亜の建物』と表したとか。に白が映えますね
b0147224_22224472.jpg


パッと目を引く、こんなが特徴的。
b0147224_22225954.jpg


木村産業研究所は、現在「弘前こぎん研究所」として伝統工芸品の「こぎん刺し」を製作・販売していて、
2階は「前川國男プチ博物館」として展示公開されています。
b0147224_2224869.jpg


建築家・前川國男の設計として最初のもの(木村産業研究所)、そして最後のもの(斎場)を含む8棟もの作品が、本州最北端の青森県弘前市にあるというのは、本当に名誉なこと (`・ω・´)v
b0147224_22245360.jpg


バルコニーは昭和30年代に凍害のため取り外されていましたが、この度、前川國男直弟子の建築家仲邑孔一さんの設計で復元されました。残念ながらバルコニーには出られませんでしたけどね。
b0147224_22243529.jpg


平日訪れたわたしは、こぎん研究所事務所の方に声を掛けてから見学させてもらいました。
「2階の博物館を見学させてください」「帰ります、ありがとうございます」って。
GWの見学については、要確認を~。

桜の弘前へお越しのみなさんには、弘前市内には「趣のある建物」など、
たくさん素敵な建物があるので、街の中をじっくり探検してみて欲しいです!!

--------------------------------

GW中、会場は異なりますが、津軽こぎん刺しのイベントがありますよ ヾ(*´∀`*)ノ
行ってみたいなぁ。

こぎんフェス2013
期間  2013年4/28(日)~5/5(日)
場所  インクルーズ(弘前駅前のセレクトショップ、住所:弘前市駅前町15-10)
時間  10:00~20:00(最終日は16:00午まで)
詳細  「こぎんフェス」HP→こちら

ワークショップ、気になる…。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2013-04-27 22:53 | 観光施設 | Comments(4)

弘前公園北側の紺屋町にある、「旧紺屋町消防屯所」。
b0147224_21202729.jpg


4月20日(金)~5月13日(日)の期間、一般公開されています。
高さ14.3mの火の見櫓がある、洋風建築の外観。
b0147224_21261231.jpg

当時の名士の寄付によって建築されたんだって (´・∀・`)ヘー
こちらの建物は弘前市が趣のある建物に指定しています。
趣のある建物→こちら

また、この屯所から少し離れた場所には、詩人で歌人で劇作家でシナリオライターで映画監督で…と、
多才な寺山修司の生誕地があります。詳しくはyukiさんのブログ参照→こちら

昔は消防が警察業務の中にあったそうで、1軒の建物に警察の派出所と消防が一緒になっています。
看板の文字もそれぞれ書かれていますね(人´3`*)♪
b0147224_21271726.jpg

b0147224_2127326.jpg


建物の奥に上がることができました。お邪魔しまーす。
建設された昭和8年頃当時の半鐘があったり。
b0147224_2128472.jpg


消防の半纏。
b0147224_21283119.jpg


パネル展示等。
昭和11年、秩父宮様が弘前にご滞在されていた時の御仮邸「菊池別邸」の写真も。
b0147224_21433088.jpg


この後ろ姿も、が咲いたらまた素敵でしょうね(o゚∀`o)♪ ※4月22日撮影
b0147224_21295010.jpg

9:00~16:00、無料公開中です。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2012-04-26 22:02 | 観光施設 | Comments(16)

b0147224_232124.jpg夏に当選した、「青森県民宿泊モニターキャンペーン 宿泊補助券」

青森県民が県内を観光し、自県の素晴らしさを再発見!!
全国の方々に紹介しましょう、というキャンペーン。


どこの宿泊施設に泊まろうかって、あれこれ考えめぐらしてる間に、
使用期限の12月末間近!!
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


で、12月の超多忙勤務がひと段落した妹ジェンヌと、勝手にバル街~忘年会編emoticon-0167-beer.gif
飲み食べ歩いたジェンヌ姉妹が最後に辿り着いたのは、宿泊補助券でお泊りの「弘前パークホテル」。
苦しいくらいに食べて飲んでも、泊まることになっていたから心配ご無用だったわけです( ´∀`)ヵヵヵ

弘前パークホテル」。
HPからネット予約もできます。
期間限定の安い宿泊プランが見つかるかも。

客室 ツイン
b0147224_23282251.jpg

b0147224_23283836.jpg

8階のこの部屋は、岩木山が見える方角でした。 ※残念ながら翌朝悪天候で岩木山見えず…。

窓からは、冬の弘前を彩るイルミネーション&ライトアップ★★★ ※12/1~2/29
昇天教会のライトアップとまちなか情報センターのイルミネーションが、
見える、見える (人´∀`).☆.。.:*・
b0147224_2330055.jpg


バスルーム
b0147224_23305144.jpg

b0147224_23313064.jpg
POLAのシャンプー・リンス、ボディソープが揃っていました。

ホテルのあるビルには、いろいろお店が入ってて便利。
1階には「紀伊國屋書店」、2階には「津軽三味線居酒屋 響」「郷土料理わらび」「居酒屋 串や酔や六や」「美容院 ベルノ」「JTSみちのく株式会社」。
遠方から結婚式出席で弘前に来る方にとって美容院があるホテルは便利かも
わたしが県外の友人の結婚式に行った時に、知らない土地で美容院を探すのに困ったから(´-ω-`;)ゞ




b0147224_0172561.jpgそして我らの狙いは、弘前パークホテル自慢の朝食
朝食バイキングです。

つまりは、好ぎだ分食えるよΨ( ●`∀´● )Ψ
津軽らしい朝食が売りなんですよ。
つがる漬やお漬物とかいろいろ。

昨晩あんなに食べたのにお腹がグーグー
ちなみに、朝食会場は景色のよい最上階13階でした。


すんずごかででまま食べだら?
(筋子をご飯のお供にして食べたら?)

って言ったけど、わたしはいつも津軽らしい朝食なんで(笑)
この日はこんな感じでチョイス。
b0147224_23342224.jpg

オムレツはコックさんが目の前でつくってくれますので、ニヤニヤして受け取りましょう。
このあとは、別のおかずとフルーツ追加、コーヒーも飲んで… (≧∀≦*)エヘッ

b0147224_23504611.jpgちなみに、「とん平」→「中道」→「ぼんしゃん亭」の次に行った最後のお店はこちら。

TUBE LANE(チューブレーン)」。
日曜と定休日以外は、24時まで開いてます((*´∀`))

飲んだ後に、〆ラーメン派や〆かつ丼派とかありますが〆珈琲を楽しみたい方どーぞ(笑)



お陰さまで、普段弘前での飲み会は「車なので」と、いつもソフトドリンク派のわたくし。
今回の宿泊補助券を使って、勝手にバル街~忘年会編でたっぷりアルコールを補給できました。 
青森県観光連盟さん、弘前パークホテルさん、ありがとさんでした(´∀`)♪
[PR]
by tsugirl | 2012-01-16 00:02 | 観光施設 | Comments(12)

本日10月8日から明日9まで、黒石市では「全国やきそばサミットin黒石」が行われています。
これに合わせて、現在修復中の「国指定名勝 金平成園(澤成園)」が特別公開されていますよ。

入口に係の方がおり、すっごく歓迎してくださいました(笑)  щ(´∀`щ)アハッ
b0147224_16153178.jpg

b0147224_16154665.jpg


津軽地域には、江戸時代から近代にかけて「大石武学流(おおいしぶがくりゅう)」という日本庭園の流派が風靡していました。津軽藩の庭園守護役の高橋亭山を初代とし、第2代・3代高橋亭山、小幡亭樹、池田亭月など幕末から昭和期において大石武学流の作庭家たちが、多くの庭園を手掛けています。
その一つが、「金平成園(かねひらなりえん)」。

(o`∀´)」 < 広~いお庭でーす!!
b0147224_16404037.jpg

b0147224_16425926.jpg

実業家で、政治家でもあった加藤宇兵衛の求めに応じ、第3代高橋亭山が明治25(1892)年に作庭に着手。
その弟子たちに引き継がれ、明治35(1902)年に完成したそうです。

10年の歳月…((((((;゚;Д;゚;)))))
赤ちゃんが→小学生になっちゃう長い期間w

今回はお庭だけの特別公開ですが、建物の修復が完成した時の見学も楽しみです。
中の座敷で庭を見ながら、お蕎麦とかお抹茶とか団子とか合うんじゃないでしょうか

飛び石が素敵
b0147224_16274941.jpg


b0147224_16344462.jpg

庭園の名称「金平成園」は、「万民にが行きわたり、和な世の中になるように」ということから。
一般には、屋号の「澤成(=澤屋成之助)」から「澤成園(さわなりえん)」と呼ばれていたそうです。

昔の写真が展示されていました。比べて見るのもいいですよ。
建物がわんちか違いますね。年配の見学者には、懐かしそうにしている方も(*´∀`)

b0147224_16345815.jpg

木々が青々としている時期はまた素敵でしょうね
b0147224_16392215.jpg

b0147224_16533639.jpg

案内・説明してくださるスタッフさんもいらっしゃいます。
普段公開していないので、この2日間がチャンス。両日とも9時~16時まで公開。
やきそばサミットの会場からも近いので、ぜひぜひお出掛けをヾ(o´∀`o)ノ

※お庭の解説は、いただいた資料より。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
[PR]
by tsugirl | 2011-10-08 17:16 | 観光施設 | Comments(10)