ブログトップ

津軽ジェンヌのcafe日記

カテゴリ:観光施設( 81 )

新青森駅を…(青森市)

12月4日に東北新幹線全線開業します。
津軽に完成する新幹線の駅は、→ → → 『新青森駅』
※既存の「八戸駅」と、来月12月4日、「新青森駅」と同日に新幹線が開業する「七戸十和田駅」南部地方だよ。

外観、じゃじゃぁ~ん!! щ(´∀`щ)ウヒョー
b0147224_21563837.jpg

ガラス張りで、凛々しい★★★
12月4日に全線開業すると、新青森駅から八戸駅まで約30分。
あっという間じゃぁ~んっ( ゚∀゚ )/
試乗会のモヨウは、「まるごと青森」さんでチェック → コチラ

b0147224_2212174.jpgエリーさんから教えてもらった青森市のcafe本と、弘前市のSTABLESで見つけた盛岡のcafe本。

新幹線に乗って、まずは八戸&盛岡のcafe巡りに行っちゃいたい!!
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tsugirl | 2010-11-19 22:22 | 観光施設 | Comments(20)

b0147224_22345396.jpg今月の初めに行われたばかりだというのに、名残惜しい…「ねぷた」
既に来年のねぷたのことを想う、今日この頃…という津軽人も多いのではないでしょうか(笑)
わたしがその1人!!

弘南鉄道弘南線平賀駅から徒歩5分くらいのところにある、「ねぷた展示館」。

平川市の世界一の扇ねぷた(高さ11m・幅9.2m・奥行き4m)がでで~んと展示されています(●´艸`)


おぉ~!!超劇画チック w( ̄Д ̄; wワオ
b0147224_22381680.jpg

な、なんと。
この「世界一の扇ねぷた」が、今年12月11、12日に街を練り歩くそうです。
12月ですから、ねぷた
ちなみに、1996~2000年にはねぷたが行われていたんですって。知らなかったw

新聞記事によると、ねぷたには7台が出陣予定。
2日間とも、午後6時30分から駅前のコースを練り歩きまーす( ´艸`)ムフフ

雪、大丈夫だべが?
夏のねぷたが終わったばかりだけど、早くもねぷたが楽しみです
※「ねぷた展示館」情報は、平川市役所HP→こちら(観光案内→観光施設)

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tsugirl | 2010-08-24 23:06 | 観光施設 | Comments(16)

平川市の国指定名勝「盛美園」。
映画「借りぐらしのアリエッティ」のモデルにもなったお庭だということで、最近注目されている観光スポット。
わたしが出かけた日も、県外ナンバーの車も多かったです。

みなさん、最新ジブリ映画の「借りぐらしのアリエッティ」は観ました???
こんな綺麗な庭が登場する、ほっこり映画です。
b0147224_223517100.jpgb0147224_22353580.jpg













盛美園」のHP」で、 「借りぐらしのアリエッティ」の映画の半券を持っていくと入園料が50円割引になるというので、映画→盛美園の順番で行こうと決めていました щ(´∀`щ)ウシシ
しかも、この半券の裏に住所・名前・電話番号を書いて、備え付けのBOXに入れると、抽選で「盛美園」の写真集が当たるかもというオマケ付。

b0147224_22501165.jpg

小人のアリエッティが、この庭のどこかに潜んでいるかもね。
b0147224_22391245.jpg

b0147224_22392750.jpg

アリエッティのコーナーや、宮崎駿さんのサインもありました。
b0147224_22394778.jpgb0147224_2240597.jpg











b0147224_22402723.jpg
黒石のツアーで教えてもらった、庭の石臼。
見つけた方、いらっしゃいますかぁ? ( *゚∀゚ )ノ イシウス

日本庭園では廃物利用で石臼を使うことがあるそうです。
去年行った、東京の清澄庭園にもあったみたいですが、気付かなかった。




b0147224_22505255.jpg睡蓮が可憐で、かわいかったな。
青々とした庭園を、カップルや、カップルや、カップルが散策。
 ※決して、ヒガミではありません(笑)

地元新聞にも載ってましたが、普段は年配者が多い日本庭園の「盛美園」。
アリエッティ効果で、若い方の来園が増えたそうです
そう、わたしも若い人の1人 (≧∀≦*)グフフ

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tsugirl | 2010-08-09 22:59 | 観光施設 | Comments(10)

b0147224_211885.jpg「もりかじゅ」こと、「森の中の果樹園」に行ってきました。
旬の果物食べ放題が楽しめる、果物農園です。
ヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒー♪

県道31号線を、弘前市内から鰺ヶ沢へ向かう途中。
左手に看板があるので、そこを目印に曲がります。
通り道には花がたくさん植えられていて、素敵。
森の中の果樹園HP→コチラ

この入口の受付で支払いをし、摘み取りのカゴを借りてGo!Go!
大人1,000円で、旬の果物食べ放題щ(´∀`щ)ヶヶヶ
※持ち帰りは、別途料金。

b0147224_21275090.jpgb0147224_2128326.jpg
左は、甘酸っぱいグミ
初めて食べましたemoticon-0110-tongueout.gif

右は、スグリ
こちらも甘酸っぱい。
ひさびさに食べたぁ(´∀`)








受付の方は、「今はブルーベリーが美味しいですよぉ」ってemoticon-0122-itwasntme.gif
b0147224_21313118.jpgb0147224_21314947.jpg
摘んで食べる。
摘んで食べる。

食べながら、カゴにも入れて
持ち帰り用も確保するつもり。



ですが、
食べてばかりで。
カゴが空っぽ。
カゴにたまりません。
ヽ(;´Д`)ノドヒャー



摘み取って素早く口に運ぶ。これ、得意(笑)
新鮮です。 ※摘みたてだから冷えてはいませんがw

畑だから虫がいます。
足が見えない長さのズボンを履いた方がいいですね。
そして、サンダルよりもスニーカー。

ラズベリーは、オレンジ、赤、ブラックの3種類あります。
微妙に味も違って、うまうま(●´Д`人´Д`●)
b0147224_21454710.jpgb0147224_2146555.jpg











あ~、果物でお腹いっぱい。カゴにも摘んだ果物がいっぱい。
わたしが、収穫したカゴの中です。
b0147224_2147641.jpg

カゴの中のお持ち帰り分(↑)を量ってもらって、350円でした。
桃やあけびの頃にまた行きたいな♥♥♥

家に帰って、また果物パーティーやぁーーー!!
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2010-07-20 22:03 | 観光施設 | Comments(12)

この、凛々しい眉。
賢そうな眼差し。
彼は、いったい誰???
b0147224_2238360.jpg


その名は、たか丸くん。゚+。:.+。(*´p∀q`)カワイイ

頭さ、弘前城天守が乗っているのに注目(笑)!!

今月15日に、設置・除幕式が行われた「たか丸くん」石像
追手門広場の階段踊り場に設置されていますよ
見に行ってみてね。

ちなみに、「たか丸くん」は、来年迎える「弘前城築城400年祭」のマスコットキャラクターなんですよ。
「たか丸くん」についての詳細は、市役所のHP→こちら

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2010-06-19 23:07 | 観光施設 | Comments(13)

新しくなった「浪岡駅」と、併設の交流施設「あぴねす」に寄ってきました。
b0147224_14494045.jpg

b0147224_14501985.jpgb0147224_14503534.jpg
大きいぞ~、浪岡駅
我が黒石駅よりも、でかい。
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

駅前にはりんごが複雑に重なったオブジェも。




駅前にりんご畑(?)
b0147224_14534766.jpgb0147224_1454013.jpg
りんご
かわいいー★★★


こんなに近くでりんごを見たのは、今年初かも。
通勤途中、遠目にはりんご畑は見てて、咲いているのには気づいてましたが。


b0147224_14565561.jpgわたしが驚いたのは、駐車場の広さ。
駅の目の前の、送迎用の駐車場もたっぷり広いのに。
← こちらは、電車の始発~終電まで駐車できる駐車場。
広ぉ~い
しかも無料。
こんな太っ腹な駅があるでしょうか??? щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

ではでは、JR浪岡駅併設の交流施設「あぴねす」へ。
b0147224_1505414.jpg駅には待合室や売店もありましたが、開館時間中にはここで時間つぶしできそう。インフォメーションもありました。観光案内してくれるのかな?

青森市浪岡交流センター「あぴねす
 開館時間 9:00~19:00(※冬期12~3月は、9:00~18:00)
 休館日  12月31日・1月1日(※冬期12~3月は、毎週月曜日)
 TEL    0172-88-6363

中には、トニーさんの記事で説明されてた、大きなりんごぃ~。
b0147224_1535566.jpg

施設内には、パネル展示や映像学習コーナーも。
青森市の浪岡地区といえば、ふくろうが有名。
りんご畑にふくろうが住んでたりするんですよね。
b0147224_1544438.jpgb0147224_155076.jpg











浪岡地区は、りんごの生産地でもあります。
b0147224_1552675.jpgb0147224_1554010.jpg











ぶらっと出掛けたのに、わたしはラッキーgirl ★★★
マリンバ奏者の対馬文子さんの演奏会が行われていました( ´艸`)ムフフ
b0147224_1584776.jpgb0147224_15922.jpg











喫茶コーナーがあったり、勉強できそうなスペースがあったり。
電車の時間待ちの時にも、ゆったりできそうです。
b0147224_15114150.jpgb0147224_1512023.jpg











b0147224_15142339.jpg津軽のどこもかしこも、東北新幹線の全線開通が待ち遠しいのです。
(」゚ロ゚)」< はやぶさー、待っちゅうよー

先日の新聞記事では、黒石―青森の弘南バスが「新青森駅」を通る予定とのことでした。
黒石も観光客をお迎えする準備、頑張らなくてはなりません。

逆に、わたしも、新幹線を使ってどこかにお出掛けする予定を立てたいものですщ(´∀`щ)アチコチ 行キタイ人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2010-05-15 15:45 | 観光施設 | Comments(16)

平川市の「南田温泉ホテルアップルランド」で、大学時代の友達とまったり正月emoticon-0122-itwasntme.gif

午前10時から午後3時まで5時間個室を利用できます。
「そんなに時間たっぷりあってもねー。時間が余っちゃいそうw」と、実は思っていました。
余った時間でお風呂にでも、なんて言って居りました。

ランチと入浴が付いた、湯~ったりプラン(実際は【夢美の宴プラン】)。
b0147224_16195715.jpgb0147224_16201731.jpg








フロントの前のロビーで待ち合わせ。
浴衣も借りられましたが、どうせハダケチャウので(笑)借りませんでした。
宿泊なら是非お借りしたいですね~(・ω・)ゞ
b0147224_17331322.jpgb0147224_17333561.jpgb0147224_17335453.jpg








まずは、県内各地からひさびさに集まって、近況報告emoticon-0117-talking.gif
新婚の友達に話聞いたり、わたしは去年東京に行ってど~のこ~のとか。
それぞれ子供の話やら、そろそろ仕事の転勤があるとかないとか。

お願いしていた12時にちょうど仲居さんが運んできてくれましたemoticon-0110-tongueout.gif
日帰り5,775円のプランの食事。
b0147224_16261358.jpg

ちょっとずつアップ写真。
焼く前の肉が写ってますが、もちろんちゃんと焼いて食べました(笑)
いくらわたしが食いしん坊でも、フライングしてませんよ(゚∀゚*)/

地鶏シャモロックの炊き込みご飯、リンゴのゼリーも付きました。
b0147224_16264272.jpgb0147224_1627278.jpgb0147224_16271733.jpg







b0147224_1628596.jpgb0147224_16281811.jpgb0147224_16283581.jpg







b0147224_16285995.jpgb0147224_16291576.jpgb0147224_16293292.jpg







「冷え性には〇〇が効く」とか、「検診はちゃんと受けないとね」、「足ツボも良いけど、カイロプラクティックも気になる」「どこどこのマッサージがおすすめ」とか…。
あれれ。
体の故障の話増↑
年々、歳とりますからねemoticon-0114-dull.gif
出会ったころは、10代だったのに(・Θ・;)アセアセ…

そのうち、「漬物上手にできたから」って誰か持って来たりするのでは?と。
お風呂に入るどころかしゃべって食べているだけで、あっという間に、個室利用終了時間emoticon-0158-time.gif
あっ、しゃべりすぎ?
存分にくつろぎました
これまでは、飲食店での忘年会or新年会だったのですが、温泉の個室プランもいいものですね★★★

部屋に入った途端に、しゃべり始めちゃって。
個室写真がなくて残念賞。
東館のバス・トイレ付でした。
部屋の様子は、ホテルのHPからチェックしてみてください→こちら

おばあちゃんになってからも、の話でもして盛り上がりたいものです(←その前に、“結婚”“出産”ですが…。墓穴!)
長い付き合いになりそうですじゃァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2010-01-03 17:18 | 観光施設 | Comments(6)

弘前市の「太宰治まなびの家」。
太宰治が学生時代に下宿した、親戚の藤田さんのお宅です。
現在はちょっとだけ元の場所から移動して、観光施設ですよ。無料でお邪魔できますemoticon-0111-blush.gif
警備員さんがいるので、「こんにちは」と言って入りましょう(笑)

b0147224_20124967.jpg

先日紹介した、「カフェテラス・ケララ」のそばです。施設の前に、車3台くらい駐車できます。

パネルで、まずはこの施設の紹介から。この座敷に、太宰も座ったかな?
b0147224_2014662.jpgb0147224_20292261.jpg











写真や資料などで、学生時代の太宰を知るemoticon-0126-nerd.gif
b0147224_2028168.jpgb0147224_2031650.jpg 











太宰治の、藤田家から学校(現在の弘前大学)までの通学路に!!(゚ロ゚屮)屮ワタシモ オナジミチ アルイテミタイ
b0147224_2035110.jpgb0147224_20352269.jpgb0147224_20353646.jpg













太宰治が使っていた2階の部屋。家の見取り図も。
b0147224_20322392.jpgb0147224_2045257.jpg










JRのパンフレット「太宰治生誕百年スタンプラリー」。
入口の土間のところに、スタンプ台があります。台紙も各所に準備してありますよ。
b0147224_20143158.jpg
こちらに行く前に、追手門広場の「弘前市郷土文学館」でも1個スタンプGETしてましたので、合計2個GETなんです。
弘前市郷土文学館」では、現在、企画展「太宰治生誕百年展」が行われてます。今月の28日まで。
※スタンプラリーは、この2軒の他に、「万茶ン」(弘前市)、「斜陽館」「太宰治疎開の家・旧津島家新座敷」「旧芦野公園駅・喫茶店 駅舎」(五所川原市)、「青森県近代文学館」(青森市)、「小説『津軽』の像記念館」(中泊町小泊)、「太宰の宿ふかうら文学館」(深浦町)で3つスタンプ集めると「びゅう商品券」や「太宰治記念切手」などのプレゼントに応募できます。


あと1個集めます。最終応募は来年の3月22日まで( ´∀`)/
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2009-12-06 21:05 | 観光施設 | Comments(2)

道の駅なみおか「アップルヒル」へ立ち寄った時のこと。
何度も見ている景色の中に、発見emoticon-0135-makeup.gif
何やら建物が見える
※このオモシロイ光景の…写真左奥だよ。エメラルドグリーンの建物。
b0147224_21511884.jpg

b0147224_21494815.jpgb0147224_2150591.jpg
興味津津なのはいいけど…。
行ってみて変なトコだったらどうしよう。
怖い?でも、気になる気になる。

左手の道を登ると、
「展示館しょうわ」「カフェHaru」の看板。


展示館しょうわ」「カフェHaru」です。コーヒーの旗がありました。
先客1組のご夫婦。こちらのご夫婦も、道の駅に来て立ち寄った一見さんらしかったです。
b0147224_21564125.jpg

b0147224_21592484.jpgb0147224_21593717.jpg
「展示館しょうわ」と言うだけあって、
(」゚ロ゚)」<懐かしいものがたくさんのレトロ施設。

珈琲をいただいたテーブルのイスは、学校の教室のイスでは???
ヽ(*'0'*)ツ ワオ!

館内見学&コーヒー(クッキー付) 450円
コーヒーが思った以上に美味しい

さっそく館内見学してみましょうemoticon-0111-blush.gif
2階から1階を覗いた写真。吹き抜けーーー。
b0147224_2252258.jpg

1階には、レトロな車などなど。
b0147224_227567.jpgb0147224_2272261.jpg










2階には、わたし世代では見たことがないものも(見たことあるものもあるけどw( ´艸`))。
b0147224_2283941.jpgb0147224_229324.jpg










電子レンジや冷蔵庫、テレビなど。足付のテレビは昔、我が家にもありましたが。
b0147224_22932100.jpgb0147224_2294718.jpg










懐かしの「昭和部屋」の再現も。
b0147224_2212887.jpgb0147224_22122792.jpg










足踏みミシン、懐かしい。
小学校に入るにおばあちゃんが使い方を教えてくれました。
「女の子がミシンもでぎないなんて恥ずがしい!」って。
でも、時代は電動ミシン。家庭科の授業でも…足踏みミシンは使いませんでしたがΣ(゚Д゚||)ガーン
b0147224_2213271.jpgb0147224_22132114.jpgb0147224_22134084.jpg











わくわくしちゃったemoticon-0136-giggle.gif
お店のママさんに、「若いのにこういうのに興味あるの?」と不思議そうにされちゃった(笑)
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2009-12-02 22:34 | 観光施設 | Comments(6)

追手門広場の中にある「ミニチュア建造物群」。
以前、弘前市城北の「交通広場」にあって移された物と、新しく造られた物が混在。
全部で14軒。実物の10分の1のサイズで再現されていますemoticon-0126-nerd.gif
b0147224_14531829.jpg


になると屋根がかかってしまうので、急げーーー(((((((((((((っ゚ロ゚)っ
実際、明治大正時代に弘前市内に建てられた建物たちをミニチュアで再現しているんですよ!!
今も残っていて観光施設となっている建物もあれば、既に解体されてしまった建物も。
おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さん世代には懐かしい建物たちなのだそう。
(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」<懐かしいーーー

全部のミニチュアをちょこっとずつ紹介emoticon-0128-hi.gif
現存の建物のミニチュアは、太字オレンジ色

角み呉服店」と「旧弘前偕行社
b0147224_1454851.jpgb0147224_14542786.jpg











角弘金物店」と「弘前昇天教会聖堂」。
「弘前昇天教会」は、襖をあけると礼拝堂というギャップに驚く、津軽ジェンヌおすすめの教会
b0147224_14554291.jpgb0147224_14555986.jpg











菊地薬局」と「日本基督教団弘前教会堂」。
「菊地薬局」は建物が変わりましたが、土手町の商店街に今も店を構えています。
当時の看板の1枚が、現在の店舗にも飾られています。
b0147224_14571218.jpgb0147224_14572976.jpg












青森銀行記念館」と「かくは宮川デパート」。
「青森銀行記念館」は、来年2月の弘前城雪燈籠まつりでメイン雪像になります
かくは宮川デパート」は4階建エレベーター付の東北初本格的デパート。
昭和53年まで営業していたそうです。屋上の“の的当てゲーム”の話を親の世代から聞きますね。
b0147224_1458215.jpgb0147224_14583856.jpg











旧弘前郵便局」と「慈善館」。
「慈善館」は青森県の活動写真館(映画館)。
弘前人は新しもので文化好き(´∀`)フハハハ
b0147224_14594737.jpgb0147224_150988.jpg











旧弘前市役所」と「旧弘前市立図書館」。
一番町の津軽塗の「田中屋」の建物は、「旧弘前市役所」の解体材料を用いて造られたそうです。
b0147224_1512168.jpgb0147224_151463.jpg











旧制弘高講堂」と「弘前市公会堂」。
先日紹介した「藤田記念庭園」を建てた弘前出身の実業家・藤田謙一が寄付して建てた「弘前市公会堂」。
現在の弘前市役所の場所にあったそうです。
b0147224_1523383.jpgb0147224_1525155.jpg











こんな「ALWAYS3丁目の夕日」みたいな街並みが残っていたら…。
映画セットみたいだね( ´艸`)フフフ
東京で見た「東京江戸たてもの園」みたい。アチラは実物大ですが。
b0147224_2033842.jpgb0147224_20332498.jpg
場所は、「旧東奥義塾外人教師館」の裏側。
ミニチュア建造物群」の通りの入口には、こんな看板がありますよ。
( 'Θ')ノ( 'Θ')ノ( 'Θ')ノ目印 

お約束の言葉ですが…、
ガリバー気分で楽しんで!」emoticon-0111-blush.gif
※雪が降ったら、屋根がかかるハズです。春ごろまで。
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2009-11-29 20:53 | 観光施設 | Comments(0)