ブログトップ

津軽ジェンヌのcafe日記

キラキラ、こみせ通り*゚。+☆(*´∀`人)☆+。゚*
b0147224_17543886.jpg


昨年12月21日から、黒石市のこみせ通りでイルミネーションが点灯されています。
その名も、イルミネーションinこみせ通り
松の湯交流館」主催で、2月5日まで。

「日本の道100選」のこみせ通りが、キラキライルミで変身!
b0147224_17594433.jpg


「玉垂」中村酒造。
b0147224_180110.jpg


お店の前の、屋根付・戸付アーケード「こみせ」。
昔の黒石の商店街、この「こみせ」がもっとずーっと繋がっていたんだけどなあ。

商家「高橋家」。
b0147224_1803642.jpg


ブログを始めて間もなく、紹介したことがありました→こちら
b0147224_1805469.jpg


「さつなぎ」は、昔、馬車などで荷物を運搬したときに馬を繋いでおいた輪っか。
b0147224_184065.jpg


こみせの天井にが連なっていますね。
b0147224_1844716.jpg


「中町(なかまち)」のバス停も、こみせ通りに合わせた趣。
屋根っこ付いでらじゃ( *´艸`)
b0147224_185354.jpg


理右衛門小路
b0147224_1863033.jpg


ちょっとしばれだ夜でした。
b0147224_1874269.jpg


タクシーが狭い路地で滑ってた…。
プロでも滑ってるんだから、わたしはもっと運転気を付けなくちゃ。 
b0147224_188202.jpg


こけし灯ろうが、ちょっと気持ちっこかくしてくれるような。
b0147224_1885333.jpg


黒石には、こけしが似合う。
b0147224_18154720.jpg


やっぱり松の湯交流館のイルミが一番のインパクト (ノ)´∀`(ヾ)
b0147224_1810352.jpg


屋根から飛び出て、じゃじゃじゃじゃーん。
樹齢約350年の松の木は、この通りのシンボルです。
b0147224_18103827.jpg


こみせ通りのイルミネーションは、夕方16:00~22:00まで点灯。
マッコ市開催日の、2月5日までだよ(σ*´∀`)σ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2017-01-06 18:17 | 雪燈籠まつり・冬 | Comments(16)

黒石のこみせ通り。
以前cafe dramaがあった場所に「GOEMON(ごえもん)」がオープン。
隣の「レストラン御幸」のオーナーさんが経営しているそうです(ノω`*)

さっそく、わくわくで初入店。
一番人気の「倉石牛ハンバーガー」を狙っていましたが、売り切れでしたw
早めに行かなきゃダメなんだろな。
べぃじゅさんのハンバーガーの記事を見て、次こそはと狙っています!!

Aランチ シーフードピザ 1,080円 ※サラダ・ドリンク・デザート付
b0147224_21401897.jpg


エビやイカ、アサリなどがのったシーフードピザ。
b0147224_21405156.jpg

自分でコロコロして、ザクザクとカットして食べます。
おちょぼ口のふりして8つに分けたけど、4つにカットしてがっつくのもあり。1枚まるごともあり?(笑)
サラダもたっぷり。プチデザートはマンゴー。
うまうま。
ドリンクはジンジャエールにしました。

お店のお姉さんのおしゃべりが楽しくて。
「あれ?前に会ったことあったかな?」っていうくらいの親近感です((*´∀`*))
次こそは、ハンバーガー?ステーキも気になるし
b0147224_21432424.jpg


GOEMON」の奥の理右衛門小路には、ほかにも飲食店があります。
b0147224_21423845.jpg

まだ入ったことないお店、食いしん坊としては制覇しなくては?
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2015-07-27 21:56 | 喫茶店・飲食店・雑貨店 | Comments(8)

松の湯交流館(黒石市)

の木ベロッとけんどさ出はってるのわがる?
※松の木が道路にはみ出しているの、わかりますか?
b0147224_20403962.jpg


少し角度をつけて、斜めからパチリ
b0147224_20411892.jpg


平成5年まで、黒石市の「こみせ通り」の一角で銭湯として営業されていた「松の湯」。
7月16日、街の交流施設「松の湯交流館」としてOPENしました。

残念ながら「松の湯」が銭湯として営業されていた頃には利用したことがありません(´-ω-`;)
出入りしている人を見かけたことはあるんですけどね。
b0147224_20422837.jpg


古い湯船が残されているかと思ったら、今どきの施設らしくモニターがあったり、新旧が混同。
松の湯交流館のfacebook7/17の投稿で、子どもたちが湯船に入っていたのが可かった(ノ)´ω`(ヾ)
b0147224_20435050.jpg


昔の番台に上がって記念撮影もできましたよ。
b0147224_20443376.jpg


当時のコインロッカー???それとも下駄箱???
b0147224_20444996.jpg


カランの位置にはショーケースの設置。蛇口と蛇口の間に展示物も(笑)
b0147224_2045766.jpg


黒石市内に現存する各施設のミニチュアも
b0147224_20454887.jpg


こちらのパソコンでは観光のこととか検索もできるみたい。たぶんの推測。
黒石市の観光パンフレットも並んでいました。ご自由にどうぞщ(´∀`щ)
b0147224_20462226.jpg


蕎麦屋として経営しても良さそうな雰囲気(←勝手w)。
b0147224_2047657.jpg


スタッフさんが居たので、モデルになってもらった(笑)
「こみせ」の半纏がね。
b0147224_20474042.jpg


大石武学流のお庭もキレイです。縁側で眺めるのもいいですね。
b0147224_20481284.jpg


裏手側に駐車場も整備されていますが、一方通行の道なので要注意。
b0147224_2048333.jpg


7月10日、弘南鉄道黒石駅のすぐそばに黒石市観光案内所もオープンしました。
新しくオープンした、黒石市の新施設たち。
どうか地元の方、観光の方、みなさまに愛されますように・:*:・:q(q゚∀゚o):・:*:・

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2015-07-24 21:00 | 観光施設 | Comments(12)

くろいしまるごと博物館」研究会主催の街歩きに参加しました。
今回が第1弾。10月と来年の1月・5月にもツアーを予定しているそうです。

「くろいしまるごと博物館」研究会発行の、この『くろいしまちなか散策マップ』。
こちらのマップで紹介されている施設を、今日は黒石市教育文化課学芸員の方の解説付きで歩きました。
b0147224_18301694.jpg


ツアー参加は無料。知っているようで、知らないことばかりの“黒石”
職場の同僚を誘って、わたしのふるさと散策です ヾ(●´▽`●)ノ

黒石市役所に集合して、まずは「こみせ通り」へ。
b0147224_18315634.jpg

中町(なかまち)のこの通りは、国選定「重要伝統的建造物保存地区」。
昔のアーケードの「小見世(こみせ)」が連なります。
日差しが強い今の時期や、冬の雪道を歩くには嬉しい「こみせ」。
土間敷きになってて、しいです。

中村亀吉酒造
b0147224_18413674.jpg

NHK大河ドラマ「いのち」のロケにも使われた造り酒屋。
「中村亀吉」というと、「玉垂」という日本酒。
「いのち」は、三田佳子が出ていた大河ドラマですよ。
えっ、知らない? ジェネレーション・ギャップ…(ll´Д`ll)

黒石市指定有形文化財「鳴海醸造」。
b0147224_18385666.jpg

200年続く造り酒屋。ここのお酒は、「菊乃井」ですね。
入口すぐに、試飲のカウンターが。味がき、き、気になるw   
※集合場所まで車で行ったので試飲×
b0147224_18433482.jpg


鳴海醸造は、お庭も有名です。「大石武学流」といわれる、津軽には多いお庭の造り。
和室から眺めることができました。ラッキー
b0147224_18485238.jpg

石臼が敷石に使われているんですって。
平川市尾上の「盛美園」にもあるらしいのですが、見たことない。いや、気付かなかった???
b0147224_1849689.jpg


国重要文化財「高橋家住宅
b0147224_18512846.jpg

黒石藩御用達の商家だったそうです。
b0147224_1852363.jpg


今は、土間は喫茶店063.gif 
お庭を見ながらの、あんみつがおすすめ。

お庭には、が植えられており、おめでたいのだそうです。
だから記念写真を撮っていく方が多いんだって。
普段は見られない、隠し階段&2階もチラッと見れました(っ´∀`c)♪

夏も火鉢を置くのは、タバコを吸うお客様をお迎えするため。
暑い夏も、火をおこして置くそうです。おもてなしですね(●´艸`)
b0147224_1858428.jpg

入口には、馬を待たせて置くためのカネの輪っか。
何て呼ぶんでしょう??? わたし聞いてなかったけど。
b0147224_18585755.jpg


県重宝「市消防団第三分団第三消防部屯所
b0147224_1934641.jpg

現役のレトロな消防車と、(まとい)。
b0147224_1951184.jpg

このツアー参加者でヨカッタ(●´∀`●)
特別に中に入ることができました。外観写真でいう、1番上のとこまで。
b0147224_1953021.jpg


梯子みたいな階段を登ると、黒石の街を一望できます。
b0147224_197146.jpg

正面にしか窓が無いのかと思ってたのに、実は四方を見渡せるんですよ。
晴れていたら、岩木山も見えます。
b0147224_197498.jpg

黒石市民でも、こんな機会がないと入れないです。貴重な経験
b0147224_19869.jpg


昔の銭湯、「松の湯」。
建物を突き抜けている松の木がシンボル ェェェェェェ(゚Д゚ノ)ノ
b0147224_19485527.jpg

b0147224_22235428.jpg

b0147224_22242486.jpg


続いて、「こみせ通り」の1本奥の、浦町へ。
昔は裏町と言われ、遊郭があったところなんですって。知らなかったw

その遊郭建築を今に伝えるのが、「中村旅館」。
今も旅館を経営されていますので、普段は宿泊しないと見学できません。
b0147224_19264662.jpg


サッシの奥に見える、手すりや、漆塗りが施された正面玄関から2階に昇る階段。
b0147224_19225931.jpg

これらが、遊郭建築を物語っているそうです。
b0147224_19191089.jpg

浦町の通りにある、このような塀の扉。これは、遊女が外に逃げるために使われたとか。
b0147224_19151362.jpg


最後に「黒石神社」。
黒石藩祖・津軽信英(のぶふさ)が、弘前藩から5000石の分知を受けて「黒石津軽家」を創立しました。
b0147224_1932465.jpg

黒石津軽藩の家紋、5葉の牡丹紋。
本家の弘前藩は、7葉の牡丹紋です。
b0147224_1933559.jpg

信英は、弘前二代藩主・信枚の次男で、津軽為信の孫。
現在は、黒石津軽家15代目の方が宮司さんの神社。
b0147224_20151772.jpg


今回の街歩きの途中には、キレイなお庭を公開しているお宅もありました。
b0147224_19471040.jpg

b0147224_194733100.jpg

b0147224_19442574.jpg

b0147224_1944434.jpg


道案内の看板や、お店の紹介札など。
車では気付かなかった、黒石の再発見を楽しめました(´∀`人)
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tsugirl | 2010-07-25 20:16 | イベント見学・参加 | Comments(14)

黒石市のこみせ通りにある、国重要文化財「高橋家」。
b0147224_17143920.jpg


こちらの土間には、喫茶コーナーがあります063.gif
b0147224_17145368.jpg

お天気が良いので、お庭で一服しましょう。

あんみつ 600円
b0147224_17153662.jpg

生フルーツと寒天、餡子の入った「あんみつ」とお茶がセットになっています。
歴史ある建物で優雅な気分でいただく甘味は、格別に美味しい!!
b0147224_1716423.jpg


こみせ通りには、他にも酒造店や呉服屋さん、お餅屋さんなど紹介したいお店がまだまだあります。
できれば次回は酒造店で日本酒の試飲を。でへへ。
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2008-09-11 00:08 | 喫茶店・飲食店・雑貨店 | Comments(0)

黒石市の「こみせ通り」に、ねぷた灯籠が飾られています。
黒石市内の児童が作った約300個。
東奥日報の7/22付記事によると、8/23まで夜間点灯されるそうです。

b0147224_22294696.jpg

   ↓ 近づくと、
b0147224_22301663.jpg

   ↓ もっと近づくと、こんな感じ023.gif
b0147224_2231310.jpg


「黒石ねぷた」は、明日が最終日のなぬか日です。
早い団体は、朝7時頃から市内を練り歩きます…(((((( ;゚Д゚)))))ハヤイ
明日は、太鼓のお囃子が目覚ましです。

黒石観光協会HPはこちら
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2008-08-04 22:44 | ねぷた・よされ・夏 | Comments(2)