ブログトップ

津軽ジェンヌのcafe日記

そばっこ、食って来た。奥は、中華そば(ノω`*)
b0147224_13434523.jpg


弘前市和徳町の、「三忠食堂本店」。
映画『津軽百年食堂』のモデルにもなったお店です。
店内には、映画の出演者やTV番組のロケで訪れた有名人のサインや写真がいっぱいでした
b0147224_13463073.jpg


津軽そば 573円
b0147224_1347468.jpg

津軽そばと一緒に出された、デザートのリンゴが嬉しい( *´pq`)
壁に貼っていたmenu、海老天追加バージョンも気になりました。豪華版だね~

さてさて、津軽そばと一緒に提供された、手前の小皿?のスープの正体はというと…。
b0147224_13481447.jpg

津軽そば以外で使う、煮干し出汁のつゆなのだそう。ちょっと酸味あり。
ちなみに、津軽そばは、頭や内臓を取るなど丁寧な下処理をして焼いた、焼干しの出汁
ご主人が、飲み比べてみてって出してくれたもの(´゚∀゚`)♪


ホロホロ切れやすい、柔らかな津軽そばの麺リフト。
b0147224_13495364.jpg

ソバの生産が盛んな南部地方にくらべ、津軽はソバの生産が少なかったため、
大豆をつなぎ使ってつくられる、特徴的な「津軽そば」。
そばの食感もつゆも優しく、うまうま
丁寧にとった出汁だと思うともったいなくて。やっぱり完つゆ((*´∀`*))

来店されるお客さんみんなに、出汁やそばの説明をしていたご主人。
津軽そばをたくさんの方に知ってもらいたいという情熱、すごい!
耳の遠いお爺ちゃんには割愛してた (笑) ァ '`,、'`,、 (ノ∀`) '`,、'`,、'`,、

三忠食堂本店では、「津軽そば」は温かいかけそばです。
弘前市内でもう一軒「津軽そば」を出している野の庵では、もりそばも出していますよ。
三忠食堂本店HP→こちら

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

[PR]
by tsugirl | 2017-02-19 14:00 | 喫茶店・飲食店・雑貨店 | Comments(4)

弘前市和徳の「三忠食堂」に初めて行ってきました。
「弘前さくらまつり」では弘前公園内に毎年出店、マンガ「美味しんぼ 第100巻~日本全県味巡り 青森編」でも紹介される有名店。
b0147224_17263771.jpg


特に去年は、「津軽百年食堂」という小説のモデルの1軒ということで、TV番組で紹介されてて。ずっと気になっていました( ´艸`)

お店の横に駐車場ありました。
b0147224_17264985.jpg


目当ては、津軽そば。決まってます(笑)
b0147224_17282254.jpg


創業以来100年以上4代にわたって、名物津軽そばを守っているお店。
店内の古い箪笥なんか、歴史を感じるーーー。
津軽そばは、小麦粉の代わりに大豆をつなぎに使い、
焼き干しと昆布でとった出汁のつゆで食べます。

津軽そば 480円
b0147224_1745652.jpg

①そばがきを作り1晩寝かせ、②大豆の粉を使って打ち1晩、③翌日茹で置き→お客様へ→「召し上がれ」011.gif

「茹で置き」したのは、昔は屋台でお蕎麦を出していたから。また、「大豆」をつなぎとしたのは、
津軽地域では小麦よりも大豆の生産が多かったからのようです(「美味しんぼ」より)。

やさしい味のあっさりした「津軽そば」。
胃にもやさしいよ、きっとヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒヒヒー♪

わたしは、「ミニかつ丼」などあったらプラスで注文したいくらいです(ミニは無かったよ)。
または、大盛の「津軽そば」??? なんちゃって。
「中華そば」500円も美味しそうでした012.gif

三忠食堂HP→こちら
人気ブログランキングへ
[PR]
by tsugirl | 2010-01-20 18:09 | 津軽百年食堂 | Comments(10)