人気ブログランキング | 話題のタグを見る

津軽藩の上屋敷跡(両国)@東京

先回紹介の「津軽稲荷神社」の前の通り。
‶北斎通り”を両国駅方面に10分ほど歩いたところにある、「野見宿禰(のみすくね)神社」。
津軽藩の上屋敷跡(両国)@東京_b0147224_20231348.jpg

途中に、“和カフェ”みたいなところがあったけど我慢w (´Д`)

野見宿禰神社」の場所には、津軽藩の上屋敷があったそうです。今は、相撲の神社。
津軽藩の上屋敷跡(両国)@東京_b0147224_202452100.jpg


看板を読んでみると???
津軽藩の上屋敷跡(両国)@東京_b0147224_2024431.jpg

‶かつてこの東側に相撲の高砂部屋がありました。
昭和18(1885)年に親方の高砂浦五郎が、
津軽家上屋敷の跡地であったこの地に、
相撲の神様として知られる野見宿禰を祀ったのが、
この神社の始まりです。…(略)…”


青森県は、お相撲さんの輩出も多いですが、何か関係があるのかな???(*・ω・*)???

ここからもう少し歩くと、緑町1丁目公園があります。
この辺りも津軽藩の上屋敷跡。
津軽藩の上屋敷跡(両国)@東京_b0147224_20365211.jpg

津軽藩の上屋敷跡(両国)@東京_b0147224_20381891.jpg


看板に、「津軽の太鼓」の話が!!
津軽藩の上屋敷跡(両国)@東京_b0147224_20372990.jpg

「本所七不思議」の中に「津軽の太鼓」があります、と紹介されてます。
※伝説なので、“七”つは確定ではないとも、とも書いてあるw

さてさて、『津軽ひろさき検定』公式テキストP141の【おべさまMEMO】によると。
‶(この大太鼓を)4代藩主・信政が江戸本所二つ目の上屋敷に運び非常に備えたが、
その響きは隅田川を越えて江戸八百八町にとどろき渡ったので、
津軽の大太鼓とはやされ江戸名物の一つとなった。本所七不思議の一つにもなっている。”
 とあります。

この大太鼓は3代藩主・信義のじょっぱり(意固地)魂から造られたと言われていますが、
その伝説をもとに1970年に復元されたのが、毎年「弘前ねぷたまつり」で運行される「津軽情っ張り大太鼓」。
津軽藩の上屋敷跡(両国)@東京_b0147224_205133.jpg

叩いてみたいよね~。カッコ良くて、惚れ惚れします(っ´∀`c)
(※写真は、去年撮影した「津軽情っ張り大太鼓」)

来年の「弘前ねぷたまつり」のときもまた、城下町弘前に「津軽情っ張り大太鼓」の音が力強く響き渡ります。
300年以上前の江戸の街に響いた音と同じ?かも?

おっと、その前に。11月に「津軽ひろさき検定 第3回初級」があるんでした。
まだ、申し込んでなかったw

人気ブログランキングへ
by tsugirl | 2009-09-14 21:11 | 東京ジェンヌ | Comments(0)

cafe&猫好き津軽ジェンヌが津軽のおすすめを紹介


by 津軽ジェンヌ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31